婚約指輪の持つ意味

婚約指輪の持つ大切な意味

トップ / 婚約指輪の持つ大切な意味

婚約指輪が持っている意味

婚約指輪とは、結婚の約束をした男女の間で、男性が女性に贈る指輪のことです。結婚してからはこれとは別に結婚指輪を買うことになるので、意味がないと考えて贈らない男性の方もいるようですが、これを贈ることは実は夫婦の間で大きな意味を持っているのです。わかりやすく言うと、これは男女が生涯共に過ごす夫婦となることを約束した証となるものです。そのためこの指輪は男性にとっても妻への愛を再確認するための象徴となるはずです。このような意味を考えると、結婚指輪も大事ですが婚約指輪の必要性もわかってくるのではないでしょうか。

結婚指輪を購入しない理由

結婚指輪は、結婚するときに必要なもののイメージが強いですが指輪を購入しないカップルが増えています。高価な物よりも実用的な物を購入した方が良いと考えている人が多いです。実用的な物のひとつに腕時計やネックレスなどがあげられます。お金に余裕が出てきたら結婚指輪を買う約束をしているカップルもいます。購入するかどうかは、経済的事情や考え方にもよりますが、購入する時の二人の気持ちを、長い結婚生活の中で指輪を見て思い出す事も必要ではないでしょうか。

© Copyright 結婚前のブルーな気持ち. All rights reserved.